出発直前になってもバス旅は実施できるのか

ツアーバス14

旅行自体は計画をしていたけれど具体的な中身がなかなか決まらないままもうすぐ出発の日になってしまうこともあります。

その時点で旅程を考えてみたらやはりバス旅が良いのではないかと思うケースもあるでしょう。参考元:オリオンツアー|日帰りバスツアー大阪発

出発直前になってしまってもバス旅をすることはできるのでしょうか。実現できる可能性がある具体的な方法について紹介します。

埼玉でバス旅をするなら下町情緒あふれる「川越」がオススメ!

出発直前の貸切バス手配は難しい

バス旅をしようと思ったときが出発の当日や前日だったという場合には結論から言えばバス旅を計画するのは一般的には困難です。バス旅というときに多くの人が想像するのはチャーター便で、団体旅行でよく用いられている貸切バスでの旅行でしょう。

バス会社や旅行会社に連絡してバスを一台用意して欲しいという話をすると対応してくれることもないわけではありません。この要求に応えるためには会社としてはバスを一台確保し、さらに丸一日勤務できるバスの運転手を手配することが必要です。

繁忙期ではバスが空いていないのが原因で断られてしまうことになりがちですが、そうでなくとも運転手を確保できなくて無理だと言われてしまうことも珍しくありません。どのバス会社でもバスの運転手を確保するのが大きな課題になっていて、雇用している運転手にもある程度は休みを与えなければなりません。

たまたまバスが空いていてもその日は閑散としているから運転手に休ませようという方針を立てて休暇を与えていることもあります。直前になってそれを覆すわけには行かず、依頼があっても貸切バスは用意できないと答えざるを得なくなってしまうのです。

ただ、担当のバスがない運転手が見つかる可能性もあるので、諦めずにできる限り多くのバス会社や旅行会社に問い合わせてみるのも良いでしょう。運が良ければ前日や当日であっても手配できることがあります。

バスツアーの手配は運と人数次第

バス旅の方法として旅行会社やツアー会社が販売しているバスツアーを利用する方法にも人気があります。直前になってからバスツアーに申し込んで参加できるのかと疑問に思う人もいるでしょう。バスツアーを使う場合には運と人数によって左右されるというのが実態です。

ツアーの催行会社やツアーの企画内容によって申し込み期限が異なっています。ツアーの参加人数によって行き先での食事の手配数、体験活動の参加人数などを変更しなければならないのは確かで、その人数を増やせるかどうかが重要なポイントです。

それに加えてバスに空席があるかどうかによって参加できるかが左右されます。本当にギリギリまで募集をしているケースでは出発時刻の数時間前まで申し込めば参加できる仕組みになっています。逆に企画内容によっては三日前くらいで参加を打ち切ってしまっている場合もあり、どんなバスツアーに参加したいかによって直前でも大丈夫かどうかは異なります。

また、ゴールデンウィークや夏休み、週末などのバスツアーは混み合うことが多いので直前になると空席がなくて参加できない場合がほとんどです。ただ、一人や二人で参加しようとしている場合にはキャンセルが出て参加できるようになることもあります。

幸運にもバス旅に行きたいと思ったタイミングで何人かのキャンセルが出てくれれば直前でも行ける可能性があるのです。

予約不要なバスなら問題なし

ツアーバス21

バス旅は必ずしもチャーターバスやツアーを利用しなくても問題はありません。路線バスを乗り継いで旅行に出かけることもできるでしょう。また、乗り合いの観光バスを使って観光地巡りをすることも可能です。路線バスや乗合バスの場合には予約をする必要はなく、直前になってからでも何か利用に際して問題が発生することはありません。

観光をしたいというときには各地で運行している観光バスを使うのは良い方法で、地域によってはガイドも乗車しているものもあります。バスの車窓からの景色を重視してルートを決めている観光バスもあるので、弾丸旅行のようにしてバス旅をしたいと思ったときには候補に入れてみましょう。

高速バスも当日になってからで大丈夫

バス旅をしたいのはバスがかなり安い交通手段だからだという人もいます。確かに新幹線や飛行機を使うのに比べると安上がりで、マイカーと違って運転する必要もありません。旅行の移動手段としてバスを使って旅をしたいという場合には安くて便利な高速バスが候補として考えられます。

高速バスもある時刻に出発するバスに確実に乗りたいと思ったら事前に予約しておかないと満席になってしまうことがあるでしょう。しかし、高速バスは予約するのが必須ではなく、空席さえあれば発車時刻直前になってしまったとしても乗ることが可能です。

普段から混み合っている区間の場合であってもキャンセルが出ることはあるので、バスの出発場所の近くにあるバスセンターなどでキャンセル待ちをしてみるのも良いでしょう。

最後の手段はレンタカー

バス旅をしたい理由として団体旅行をするからだというケースは多いでしょう。バスを使うと団体でまとまって行動できるのが魅力で、チャーター便を使えば他のお客に迷惑をかけることもありません。ただ、出発の直前になってしまうと予約を取れずに困るのは確かです。

どうしても手配できるバスが見つからないというときに最後の手段として考えられるのはレンタカーを利用する方法です。レンタカー会社の中には大型車を取り扱っているところもいくつかあります。レンタカーにはマイクロバスから大型バスまであり、10人乗りから20人乗り程度の大きさであればかなりの数のレンタカー会社が取り扱っているのが現状です。

レンタカーは当日でも手配できるのが原則で、バスであっても最も近くにある場所から持ってきてもらうことができます。数時間あれば配車してもらえるのが一般的なので、出発当日でも何とか間に合うかもしれません。なお、前日であれば基本的には予定している時刻に配車してもらえるので安心でしょう。

ただ、この方法を使う場合にはバス旅に参加する人のうちで誰かが大型免許を持っていなければなりません。旅行に参加するメンバーに一通り確認してみて、運転できる人が見つかったら候補として考えてみましょう。レンタカーは安上がりになるのもメリットなので、運転してくれる人がいるなら旅行費用を割引するなどの対応をしてあげるのも一興です。